国公立大学と私立大学

私立は高額だがメリットも

大学生

医学部を受験する際に忘れてはならないのがお金です。
医学部は歯科系とも並んで、他学部より高額な費用がかかります。
しかし、医者になれば年収1,000〜2,000万円は手にできます。
これはサラリーマンの何倍にもなる計算です。
将来のことを考えると十分元は取れるので、医学部受験は魅力的です。
 一般的には、国公立大学と私立大学で金額は大きく変わりますが、それは医学部も同じです。
国公立大学の受験料は17,000円、私立大学では40,000〜60,000円必要です。
また、入学料や納入金も大きく違います。
国公立大学では入学金が30〜40万円弱、納入金は50万円(年間)ですが、私立大学では入学金は100万円以上、納入金は500万円近く(年間)になるのです。
それ以外にも交通費やサークル費などの生活費はかかりますし、一人暮らしする場合はさらにお金がかかります。
 このように金額を並べると、私立大学の受験にメリットを感じないかもしれません。
しかし、私立大学の受験には次のようなメリットが挙げられます。
1つめは、受験難易度が低いということです。
国公立大学は5教科以上が多く、センター試験が必須です。
しかし、私立大学ではセンター試験は要らず、科目も3教科の所が多いです。
したがって、同じ難易度でも、私立大学の方が高い偏差値を出すことができます。
1教科だけ苦手でどうしても点数に届かない人には向いているでしょう。
二つめは、私立大学は併願ができるということです。
国公立大学は前期と後期の2回、それも1校ずつしか受験できません。
国公立大学が第一希望でも私立大学を滑り止めとして受けておけば、1校も受かっていないより心の負担が減るでしょう。
医学部受験では自分の学力とタイプに合わせて大学を選択することが大切なのです。

在学生からの情報

学生

医学部に入学する為には入試という高いハードルをクリアしなければなりません。
難関校の入試を突破する為には予備校への入学が不可欠なものとなりますが、その為にはそれぞれの予備校の特性を把握しておく事が求められます。
医学部の受験を目指している学生に向けた予備校は様々な種類があります。
この中から質の高いカリキュラムを提供している教育機関を見極める為には、学生の評判を参考にする事が大事です。
実際に予備校で講義を受けている学生の意見や医学部受験に成功した大学生の評判を聞く事は、これから予備校に入学しようと考えている学生に大きく貢献する情報です。
特に、医学部予備校の場合は入学前に試験があるケースも多く、この試験の難易度や各医学部へ向けたカリキュラムの内容を在学性の評判から推測する事ができます。
また、学生の評判で重要になるのが講師の質です。
やはり、教育熱心で学習への好奇心を引き出してくれる講師の授業は学力のアップにも貢献します。
その為、講師の質を予備校の評判から検証することが必要になるのです。
そして、医学部予備校の中には担任制度を採用している場所や個別指導を専門としている学校があります。
更に、少人数制のクラスでもオリジナルの指導法で数多くの合格者を輩出している教育機関があるのです。
これらの予備校の中から志望校受験と相性の良いカリキュラムを選択するためには、学生からの情報が欠かせません。
それ故に、予備校の評判は非常に重要な情報源となります。

効率的に学べる

男女

医学部受験に対して予備校に通うことが評判になっているのは、効率的に学習できるからです。
一般的な中学や高校では、医学部受験対策の学習をすることはありません。
それは、医学部が特殊な学部だからです。
医者になりたい人や医療関係の仕事に就きたい人などが行く学部になります。
そのためには、医学部受験対策をしている専門的な予備校に通った方が有効的です。
このような予備校では医学部に合格できるような学習を優先的に行っています。
早い人は子どものうちから医者になりたいと思うこともあるので、その時点で適切な塾に入った方がいいかもしれません。
もちろん、評判の良い塾や予備校を選択しましょう。
通常、医学部受験対策は高校辺りから行われるようになります。
従って、予備校も高校生から入れるところが多くなっているのです。
評判がいいところといっても、合格しなくては意味がありません。
その予備校に通えば医学部に合格できるというところを選択しましょう。
合格率は各予備校のホームページに掲載されています。
もしくは口コミなどでも自然と耳に入ってくることがあるものです。
情報をたくさん収集しましょう。
ただし、医学部といっても大学によって偏差値も異なり、難易度も異なります。
どこの大学の医学部に入りたいのか、希望を明確にすることが大切です。
それに合わせた学習を予備校で行うことになります。
評判のいいところは夏期や冬期も徹底的に講習を行い、合格を確実なものにしてくれるはずです。

就職率が高い

女性

医療分野の勉強は専門学校でも学ぶことができる学科が多くあります。おおよそ3年間専門学科を学んでいくので、専門スキルをしっかりと身につけることができ、資格を取ることができればほぼ高い確率で就職先が決まるといわれているので人気があります。

もっと読む

医療チームを支える存在

男の人

医療秘書は医療機関で働く人のために事務方の業務を行います。資格は必要ないですが専門性の高い職場のため医療秘書を養成する専門学校で学んだ人が就職には有利です。専門学校では医療関係法規等を学び提携している病院で実習を行います。また専門学校には病院から求人案内が多数あり就職へのメリットが高いのです。

もっと読む

費用は高めだが質も高い

女生徒

医学部予備校は一般の予備校よりも費用が高いのが一般的です。年間で100〜200万円ほどかかります。ただ、夏期講習や冬期講習もこみで、よりきめ細かいサポートが得られるという特徴があります。費用や評判だけでなく、自分にあっているかなどを見極めて選ぶのが重要です。

もっと読む