医療チームを支える存在

医療機関の裏方として

男の人

医療機関では、医師や看護師の他、臨床検査技師や薬剤師等それぞれの役割に基いて忙しく働いています。
そんな忙しい医療関係者をバックアップするのが医療秘書です。
医療秘書は、医療機関の事務方の業務を務めます。
病院等で働く医療関係者にかかってきた電話への対応や来客の対応、学会に出席する時の出張の手配、スケジュール管理などが主な仕事です。
つまり、医療秘書は医療従事者の秘書的な仕事を行うのです。
医療機関で働く人は医師や看護師をはじめ、ほとんどが専門の資格を持って働いていますが、医療秘書には特別な資格は必要とされていません。
ただ、医療機関は一般の企業とは違い専門性が高い職場であり、専門用語や特別な法規が存在しています。
もちろん、これらは職についてから学ぶことは可能ですが、医療機関の多くは即戦力の医療秘書を求めているため、医療秘書を養成する専門学校で学んだ人が就職には有利とされているのです。
医療秘書を養成する専門学校では、医療関係法規や医療請求事務等を学びます。
また専門学校の多くは病院と提携しており、実習で実際にそれらの病院で業務を体験することができることから、どのような仕事を行うかを具体的にイメージしやすいというメリットもあるのです。
さらに、専門学校には病院からの求人案内が多数くるため、就職しやすいというのも大きなメリットです。
なお、専門学校は昼間部の2年制が基本ですが、中には仕事を持つ社会人などのために通信コースを開設しており、都合に合わせて選択できます。

選び方を知って

大学生

医療分野は確実なニーズがあり、高い就職率を誇ることから進学先として人気があります。
医療専門学校には多様な種類があり、類似の系統である保育、福祉系も含めると10系統以上あります。
医療系の仕事は国家資格が必要なものも多く、知識だけでなく技術も必要になります。
そのため、最低二年の在学期間が必要であることが多く、実習も必要になります。
高校卒業後の進路を考えている状態ならば、全日制の専門学校や短大、大学に進学するのが最もオーソドックスで確実な方法です。
医療系の学校は覚えることも多く、実習に多くの時間をとられるため、全日制で日中学び夜間は休むというリズムを作った方がよいためです。
ですが、すでに社会人の場合や、お金に余裕が無く働かなければならない場合などは、夜間課程を設定している学校もあります。
中にはワークアンドスタディといって、日中は医療系の現場で働き、夜間に座学を学ぶという形で短期間に学習できる学校もあります。
日中働く分、学費も安くなるので費用が厳しい人や短期間で資格を得たい人にはおすすめです。
学校を選ぶときは、実習の豊富さとサポートの手厚さを重視するとよいでしょう。
実習が多いと在学中は大変になりますが、働き出してからのギャップが少なくなり結果的に楽になります。
また大変な実習や学習をいかにサポートしてくれるかも重要なポイントです。
就職率の高さや就職時のサポートもポイントになるので、よくチェックしておきましょう。

相性の合う学校を

男の人

大学受験に対応した予備校は数多くあります。
中でも、難関といわれる学部である医学部を受験する場合、医学部の入試に対応した予備校があります。
少子化といわれている世の中ですが、医学部受験は人気で、難易度も高くなっています。
医学部の受験を考える場合、高度な学力が必要であるため、合格水準に達していない場合は、医学部の予備校で集中的に学ぶことがおすすめです。
そうはいっても、どの予備校を選ぶかによって、学習スタイルに大きな影響を与えることがあります。
医学部を受験するための予備校は都心以外でも開校されてきています。
では、どのようなポイントで予備校を選べばよいでしょう。
ひとつは、予備校の名前だけで決めたり、合格実績だけで決めたり、ということがないようにしましょう。
予備校は、他の学校と差別化を図るために、独自のカリキュラムや教育方針を持ち、学習システムを提供しています。
その内容が、自分の性格や学習スタイルに合わなければ、学力が伸びるどころか逆効果になってしまうこともあり得ます。
例えば、マンツーマン形式のように、生徒と先生の距離が近く、みっちり指導してくれる場合と、生徒の自主性に任せた学習スタイルの場合とでは、相性が合う人とそうでない人がいるでしょう。
さらに学習環境を整えたい人は、全寮制の予備校も存在し、その環境を好む人もいます。
医学部の予備校を選ぶ場合は、いくつかに予備校を絞って、体験授業や説明会に参加して体感してみましょう。
学習スタイルや教育方針、講師やスタッフとの相性も、実際に足を運んで体験してみるのが、自分に合う予備校を選ぶポイントといえます。

就職率が高い

女性

医療分野の勉強は専門学校でも学ぶことができる学科が多くあります。おおよそ3年間専門学科を学んでいくので、専門スキルをしっかりと身につけることができ、資格を取ることができればほぼ高い確率で就職先が決まるといわれているので人気があります。

もっと読む

医療チームを支える存在

男の人

医療秘書は医療機関で働く人のために事務方の業務を行います。資格は必要ないですが専門性の高い職場のため医療秘書を養成する専門学校で学んだ人が就職には有利です。専門学校では医療関係法規等を学び提携している病院で実習を行います。また専門学校には病院から求人案内が多数あり就職へのメリットが高いのです。

もっと読む

費用は高めだが質も高い

女生徒

医学部予備校は一般の予備校よりも費用が高いのが一般的です。年間で100〜200万円ほどかかります。ただ、夏期講習や冬期講習もこみで、よりきめ細かいサポートが得られるという特徴があります。費用や評判だけでなく、自分にあっているかなどを見極めて選ぶのが重要です。

もっと読む