費用は高めだが質も高い

選ぶときの基準

女生徒

医学部予備校は一般予備校よりも医学部合格率が高いと評判があります。
医学部に特化しているため、よりレベルが高くきめ細かいサポートが得られ、環境も整っています。
個別指導もしくは少人数指導であるのも特徴で、一人一人の進捗状況に応じてきめ細やかな学習プランをたててもらえると評判です。
医学部予備校は一般予備校より費用は高めです。
年間で、100〜200万円ほどが相場となっており、高卒生だとさらに高くなるのが一般的です。
ただ、一般予備校では比較的安めな月額費用に、夏期講習や冬期講習の費用が追加される形なので、後から考えると意外とお金がかかったということになりがちです。
ですが、医学部予備校の場合はすべてこみであることが一般的なため、費用がわかりやすいという評判があります。
また、三月や二月から入学すると早期割引が受けられることもありますし、特待生制度を取り入れているところも多くあります。
特待生制度を活用すると、費用を安くできるので、積極的に活用しましょう。
入学時だけでなく、年度の途中でも特待生試験はあるので、定期的にチャレンジしてみるのがおすすめです。
また、費用が高いからといって、費用や評判の良し悪しだけで選ぶのは考え物です。
現役合格することが最も費用を安く抑える方法であり、落ちてしまったらお金は追加でかかるためです。
目先の費用だけでなく、自分にあっているかどうかや、きちんとしたサポートが受けられるかを考えて選びましょう。

高い就職率

学生

一生続けることができる仕事として、今医療秘書が人気を集めています。
そして医療秘書になるためには専門学校で学ぶのがベストです。
医療秘書関連の資格は様々ですがポピュラーな資格に、診療報酬請求事務能力認定試験があります。
この検定試験は難易度が高く、各種医療機関でも持っていると評価されます。
資格試験に合格すると専門スキルと知識があることの証明になるからです。
そして専門学校に入学するなら、各資格試験の合格率が高い学校をおすすめします。
試験に合格するためにはノウハウが必要で、効率的に勉強しないと合格するのに時間がかかってしまうのです。
わからない問題が出てきても、親切丁寧に教えてくれる専門学校なら安心です。
また医療秘書資格検定には、他に医療事管理士や調剤事務管理士や医療事務検定などがあり複数の資格を取っておくと就職に有利です。
信頼できる専門学校では個別指導に力を入れてくれています。
生徒の学習度に応じて指導してくれるのでしっかり知識が身につきます。
また合格に必要な知識やコツを重点的に教えてくれるので、自信をもって試験を受けることができます。
さらに万一試験に合格できなかったとしても、合格できるまで指導してくれるので大丈夫です。
医療秘書の専門学校で学び検定試験に合格すると、様々な医療関連施設に就職することができます。
大学病院や総合病院やクリニックに介護施設など、学んだ知識やスキルを活用して社会貢献も可能となります。

事務や秘書になるには

婦人

医療の現場で女性が活躍する職種と言えば、看護師やリハビリ系の専門職といった有資格者が多いというイメージがありますが、近年は医療事務や医療秘書といった特別な資格や学歴を有さない職種が人気を集めています。
では、医療事務と医療秘書の違いとは何でしょうか。
医療事務は、病院の受付や会計、カルテの整理が主な業務となっており、患者さんと接する機会が多いため接客業としての一面があります。
それに対し医療秘書は、院長や医局の秘書としてスケジュールの管理や来客の対応が主な業務となっており、取引先やマスコミの人と接する機会が多いです。
どちらの職種も年齢や学歴など必要な条件はありませんし、国家資格を有する専門職でもありませんが、専門学校で医療事務や医療秘書のことを勉強してから職に就く人は多いです。
専門学校では医療事務も医療秘書も1年から2年の履修期間があり、医療事務科・医療秘書課と別々になっているのもあれば、医療秘書・医療事務コースとどちらの職種についても対応できる学科もあります。
主に医療関連法規や医療請求事務などの専門分野、ビジネスマナーの授業があるほか、病院での実習をする学校もあり、卒業後即戦力として働けるようカリキュラムも充実しています。
専門学校在学中に医療事務を目指す人は診療報酬請求事務能力認定試験、医療秘書を目指す人は医療秘書技能検定を受けて資格を取得する人も多いです。
専門学校で専門的なコースを受講して資格を取得してから就職することもできますが、どちらの職でも働くことができるよう両方の勉強をしてから就職活動をする人は多いようです。
自分のなりたい仕事やどのように医療の現場で貢献したいかをしっかり考え、そのうえで費用や通いやすさも加味したうえで専門学校を選ぶと良いでしょう。

就職率が高い

女性

医療分野の勉強は専門学校でも学ぶことができる学科が多くあります。おおよそ3年間専門学科を学んでいくので、専門スキルをしっかりと身につけることができ、資格を取ることができればほぼ高い確率で就職先が決まるといわれているので人気があります。

もっと読む

医療チームを支える存在

男の人

医療秘書は医療機関で働く人のために事務方の業務を行います。資格は必要ないですが専門性の高い職場のため医療秘書を養成する専門学校で学んだ人が就職には有利です。専門学校では医療関係法規等を学び提携している病院で実習を行います。また専門学校には病院から求人案内が多数あり就職へのメリットが高いのです。

もっと読む

費用は高めだが質も高い

女生徒

医学部予備校は一般の予備校よりも費用が高いのが一般的です。年間で100〜200万円ほどかかります。ただ、夏期講習や冬期講習もこみで、よりきめ細かいサポートが得られるという特徴があります。費用や評判だけでなく、自分にあっているかなどを見極めて選ぶのが重要です。

もっと読む